2015年01月23日

HONDA VEZEL(ヴェゼル)の中国仕様(XR-V)

海外出張で香港と深センに出かけていたのですが、その時にヴェゼルを発見しました。
(写真は撮れませんでしたが・・・)

広汽HONDAと東風HONDAで、繽智XR-Vという名前で発売しているようですね。
違いは若干の見た目が違うくらいなのかな・・・

中国のサイトから写真をゲトしてみました。
xr-v.jpg

xr-v_r.jpg

<XR-Vの仕様>
ボディサイズ:全長4275×全幅1770×1605mm
ホイールベース:2610mm(日本仕様の全長は4295mm。中国向けのXR-Vは20mm短い4275mm)
エンジン:ガソリンの1.5リットルと1.8リットル
その他:1.8リットル車はパノラマサンルーフも標準装備

おぉ!と思ったのはやはりフロントマスクとパノラマサンルーフですかねぇ。
あと、ボディーカラーですが、かっこいい赤がありますねぇ。
今後日本に新色として登場するかもしれませんね。


posted by このブログの管理人 at 23:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 海外仕様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー

フロント部分が変わるだけで、これだけ印象が
変わるんですねー。

悪路の走破性が高そうなイメージですね。
Posted by 水戸のヴェゼル乗り at 2015年01月24日 17:41
こんばんは。
中国版VEZEL発売中なんですね〜♪
最近やたらVEZELを見るようになりました!
昨日急用で急発進&急ブレーキを何度かやってしまいました。
ハイブリッドの特性なのでしょうか、アクセルを踏んでワンテンポのタイムラグがありますが、急加速は見事でした。
ブレーキも踏めばしっかり効いてくれますね。以前乗っていた1.6t重量のミニバンのブレーキの効きはとっても良かったのですが、それと負けない安心感がありました。
今後は安全運転いたしま〜す(^_^;
Posted by kuririn at 2015年01月24日 21:40
水戸のヴェゼル乗りさんどもです!

確かにフロントイメージでガラッと印象が変わりますよね。
フロントに黒い樹脂バンパーが取り付いていますが、中国ならではかなと。
向こうの人の運転ってかなりチャレンジャーな運転ですから事故軽減の役割もあるのかもしれません。

バンパーはともかくグリルは取り付けてもいいかなと思ってしまいます。
Posted by このブログの管理人 at 2015年01月25日 16:32
kuririnさんどもです!

ホント、普通にその辺で見かけるようになってきましたよね。

EV時の急発進時は確かにタイムラグがありますよね。
それから急ブレーキですが、思いっきりブレーキを踏むとハザードが点灯する仕様となっていますがうちはまだ体験していないです。

まっ安全運転には心がけないといけませんね☆
Posted by このブログの管理人 at 2015年01月25日 16:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。