2015年10月11日

HONDA VEZEL(ヴェゼル)エンジン警告灯、ブレーキ警告灯点灯不具合 Rev.3-4

本日不具合が修正され2週間ぶりに車が戻ってきました。


まぁ今回の不具合は簡単に言うと、「エンジン警告灯」と「ブレーキ警告灯」が点灯します。
2番目と3番目のプラグが点火しない不具合との事ですので、最悪の場合エンジンが停止し大きな事故につながるものと思います。

今回の不具合を本田技研で調べてもらったところ、エンジンオイルがリークしているとの事でした。
何故リークしていたのかというと、プラグバルブのシールが食っていたせいでそこからオイルがリークしていたとの事です。

不具合修正方法は、そのプラグバルブシールを交換するだけですが、エンジンをばらさなくてはいけない為、かなりのリスクを伴うとの事だったので本田技研としてはエンジンを丸ごと交換をお勧めするとの事でした。
(バルブのクリアランスとかが難しいと言っていましたね・・・)

まぁそんなことを言われたので、エンジン交換を承諾しました。

この前にミッションを交換し、今回はエンジン交換をしたので新品同様になりました

これでこの不具合も出なくなるかな〜。
とりあえず様子を見てみることにします!


posted by このブログの管理人 at 20:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。